UDクオン(日産クオン)

UDクオン(日産クオン)

クオンは、ビッグサムの後継車として、UDトラックスが2004年に製造・販売を開始した大型クラスのトラックです。
UDトラックスは、2010年1月31日までは日産ディーゼル工業という名称でした。

 

クオンは、ビッグサムの15年ぶりのフルモデルチェンジで生まれ変わった後継車です。
発売から約3ヶ月間、ビッグサムと併売していました。
また、日野自動車といすゞにOEM供給して、除雪車にもなっています。

 

大型トラックでは、世界で初めて尿素SCR触媒を採用し、『平成17年排出ガス規制』に適合しました。
V型のエンジンを廃止し、直列6気筒のGE13系とMD92系に統合。

 

ただし、走り出しに関して、多少のもたつきを感じるドライバーが多いようです。
発進からの加速が重く、あまり回転数を上げずにシフトチェンジしてしまう傾向にあるのは、燃費に配慮した影響とも考えられます。

 

同社の尿素SCRシステムは、『FLENDS(フレンズ)』と命名され、窒素・水・二酸化炭素に分解するNOx後処理装置を搭載しています。

 

また、大型トラックにおいて、世界初めてのSRSニーエアバッグとニープロテクタを採用し、国内初めてのラウンドコクピットを採用しました。
ラウンドコックピットは、見た目のカッコ良さと使いやすさで注目を集め、ドライバーにも人気があります。
助手席にはマルチアシストシートを装備し、クラス最大級のキャブチルト角65度を実現しました。

 

環境への配慮が深く、見た目のカッコ良さもあり、非常に斬新な大型トラックだと言えるでしょう。

 

名前のクオンは、永久と同意語の『久遠』を由来とし、限りなく続く時の流れを意味します。