日産アトラス

日産アトラス

アトラスは、日産自動車が販売している1t積クラスと2〜4t積クラスの、小型・中型トラックです。
欧州・台湾・シンガポールでは、1tクラスの『アトラス10』が『キャブスター』の名称で販売されています。

 

『アトラス』の名前は、ギリシャ神話に登場する地球を双肩に担ぐ大力無双の巨人『アトラス』が由来となっています。

 

『アトラス』は、2〜4tクラスが1981年に、1tクラスは1982年に発売され、モデルチェンジやマイナーチェンジを繰り返し、現在でも活躍の場を広く持っています。
宅配業者や土木工事業者などで幅広く理用されています。

 

また、アトラスにはキャンピングカーもあり、広く愛用されています。
アトラスキャンピングカーを愛用している人は、「次回もアトラス」と考える方が多いようです。

 

『アトラス』には、ガソリン車とディーゼル車があり、ディーゼル車に関してはこれまでのディーゼル車にない走りを実感できるでしょう。
また、見晴らしがよく、運転しやすいという定評もあります。
積載に関しても作業がしやすく、小回りが利くので作業場で邪魔になることはまずないでしょう。

 

また、燃費に関しては、一般道の走行で10km程度、高速道路で12km程度となっており、トラックとしてはまずまずの数値ではないでしょうか。

 

これまでトラックの運転の経験がないという方でも、非常に運転しやすく、乗用車よりも乗りやすいという声も聞かれます。

 

ただし、好みがあり、日産車は苦手・・という方にはやはり向かないようです。