いすゞギガ

いすゞギガ

いすゞギガは、いすゞ自動車が製造・販売する大型トラックです。
海外においては、2代目Cシリーズ・Eシリーズとして販売されています。

 

現在のいすゞギガは、エンジンと冷却系統を大幅改良し、燃費効率が非常に良いです。
最新技術の、燃料の超高圧噴射、電子制御式無段階可変容量型ターボの採用など、進化を遂げたエンジンと、3D熱解析による冷却システムにより、エンジンの燃費効率をUPすることを実現しました。
燃費の良い領域が広がり、さらに低い回転数でのシフトアップを可能にしました。

 

また、新しいキャブフェイスを採用し、空気の流れをキャブの外だけではなく、エンジンルーム内も抜けるようにしたので、非常にスムーズな空気の流れができます。

 

これも、燃費を追求するための工夫であり、空気抵抗を減らし冷却性能の向上を狙っているものです。
また、ラウンド形状にしたことにより、キャブのイドを流れる空気をスムーズにし、エンジンルーム内を抜ける空気の抵抗も減らしました。

 

また、いすゞギガが採用するECOモードは、ドライバーのストレスや走行時間への影響を最小限に抑えることができ、その上で省燃費が実現できます。
燃費には、目に見えないほど細かい積み重ねでさえも、妨げになってしまいます。
いすゞ独自の制御テクノロジーECONモードには、自動的にその原因を抑えるスマートシフト・スマートアクセル・エコクルーズ機能が搭載されています。

 

〇安全性
また、安全性能として、ミリ波レーダーなど、最先端の装置で危険を回避し、VATでドライバーの操作を全般に置いてサポートし、IESCで車両の横転・横滑りを抑制するなど、これまでの常識で考えられた安全性能を遙かに超える予防安全テクノロジーが満載です。

 

・ミリ波レーダーとは
これまでのレーダは、天候に左右されたり、汚れに影響を受けることが多くありましたが、このミリ波レーダーはそういった影響を受けることがほとんどなく、いかなる車速に置いてもカバーします。
また、カーブ走行の際の安全性にも優れております。

 

・FUP:フロント・アンダー・プロテクション
いすゞギガでは、FUPを標準装備しています。
これは、対乗用車において、正面衝突時の事故の軽減に効果があります。
また、フレーム先端部・キャブフロア部・フロントリヤのキャブマウント部を強固な構造にしました。
ギガシリーズの強固なキャブは、信頼と実績のあります。

 

・SRSエアバッグ&ロードリミッター付プリテンショナーシートベルト
ギガシリーズ全車において運転席に標準装備しています。
いすゞ独自のキャブ構造と合わせた、ドライバーへのダメージ軽減が期待できます。

 

・衝撃吸収ステアリングシャフト&ホイール
正面からの強い衝撃に、ステアリングシャフトとホイールの動と変形でドライバーへのダメージを軽減します。

 

・RUP:リア・アンダーラン・プロテクション
万が一、乗用車が後方かた追突したときに、車両の下へ滑り込むのを防ぎ、ダメージを最小限に抑えます。