いすゞフォワードジャストン

いすゞフォワードジャストン

フォワードジャストンは、1986年より、フォワードの派生車種として製造・販売
されたいすゞの4tクラスの中型トラックです。
フォワードジャストンは、フォワードのシャーシにエルフのキャブを載せたモデルで、ほかに同様のモデルが存在し、三菱ふそう・ファイターや日産ディーゼル・コンドルでも製造・販売されていました。
フォワードジャストンの特徴として、小型のキャビンとベッドレスキャブで、積載容積を増やすことができ、非常に使いやすく人気を博しました。
2004年に製造中止になったフォワードジャストンですが、現在も、中小建設業社のダンプカーやミキサー車、清掃車、建機レンタルなどで保有しているところが多くあります。
また、中古車では依然、非常に人気が高く、現在でも需要がありますので、販売・買取りは取り扱いがあります。
海外ではNシリーズのNQR・NRRとして、現在でも発売されています。
日本では、現在では、エルフと統合されています。

 

いすゞトラックは非常に需要が高く、国内外でトップシェアを獲得しています。
現在では、ニュージーランドやオーストラリアでもトップシェアを獲得し、中国や香港などアジアを中心に全世界で実績を伸ばし続けています。

 

フォワードジャストンに関しても、国内での生産はすでに2004年で終了となっておりますが、海外では現在でも生産・販売がされています。
それでけ、海外での需要が高く、非常に人気の高いトラックだと言うことですね。
人気の秘密は、やはり軽量本体に対しての積載量の多さや、使いやすさと言ったところでしょう。